コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

明延岩 あけのべがんakenobeite

岩石学辞典の解説

明延岩

閃緑岩塊から分岐して岩脈状または枝状となる岩石で,黒雲母を含む花崗閃緑岩質ないし石英モンゾニ岩質のペグマタイトまたはアプライトをいう.正長石と曹灰長石の小結晶の集まりで,その間隙を石英粒が満たし微量の黒雲母が混ざった岩石である[Kato : 1920].加藤武夫が兵庫県明延鉱山に因んで命名した.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android