明治神宮大会(読み)めいじじんぐうたいかい

世界大百科事典 第2版の解説

めいじじんぐうたいかい【明治神宮大会】

1924年から43年までの20年間,東京の明治神宮外苑競技場を主会場として毎年あるいは1年おきに開催された国家的な総合体育大会。第1回大会は,10月30日から5日間,参加選手3144人によって開催された。ただし名称は最初の〈明治神宮競技大会〉を,1926年の第3回大会に〈明治神宮体育大会〉と改称し,さらに39年の第10回大会からは〈明治神宮国民体育大会〉,末期の42年第13回大会および43年の第14回大会は〈明治神宮国民錬成大会〉と改称した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の明治神宮大会の言及

【競技場】より

…そして24年には明治神宮の造営に引き続いて外苑の競技場が完成した。これを機会に第1回の明治神宮大会が開催される運びとなり,日本はスポーツの全盛時代を迎えることになった。この気運に乗じて各都道府県では競って専用の競技場を設けるようになった。…

※「明治神宮大会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

明治神宮大会の関連情報