コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内務省 ないむしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内務省
ないむしょう

1873年 11月 10日警察および地方行政の監督,ならびに国民生活全般の事項を統轄するために設けられた行政機関。初代内務卿大久保利通の考えを反映し,発足当初から国民生活に関する強度の監視を課題としており,単なる行政事務の枠にとどまるものではなかった。 85年内閣制度発足に伴い機構改革がはかられ,官房と総務,県治,警保,土木,地理,戸籍,社寺,衛生,会計の9局を統合する中央集権制の中核的国家機関として確立された。北海道庁長官,各府県知事を監督し,内務省警保局警視庁,府県警察部を通じて言論,集会,結社を取締り,選挙運動,社会運動,労働運動などに干渉や弾圧を加えるなど,地方制度および国民生活全般にわたって強力な統制を行なった。第2次世界大戦後,地方自治確立の要請と,中央集権制度の中枢的存在であったとの理由から,1947年 12月 31日廃省になった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ないむ‐しょう〔‐シヤウ〕【内務省】

第二次大戦前の中央行政官庁。警察・地方行政・土木などの内務行政を統轄した。明治6年(1873)設置、昭和22年(1947)廃止

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

内務省【ないむしょう】

第2次大戦前の中央官庁。1873年設置,1885年内閣の一省。警察・地方行政など内政一般を管轄。1887年造神宮使庁をおき国家神道(しんとう)政策を強化,1928年特別高等警察(特高)制度を全国に実施し,治安維持法を運用して労働運動・言論を弾圧した。
→関連項目樺太庁教部省警視庁厚生省鈴木俊一

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ないむしょう【内務省】

第2次大戦前の天皇制体制下において内政の中心に位置した中央行政機関であり,1873年11月から1947年12月まで存続した。
[内務省の成立]
 明治新政府成立からしばらくの間,中央行政機構は目まぐるしく改変を繰り返した。たとえば1869年(明治2)7月,神祇,太政2官の下に民部,大蔵兵部刑部宮内外務の6省体制が形成され,内政は主として民部省によって所掌されていたが,同年8月には民部,大蔵の合併が,翌年にはその分離が行われるといったぐあいであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ないむしょう【内務省】

第二次大戦前の警察・地方行政などを統轄した中央官庁。1873年(明治6)設置され、国民統制機関の中枢となった。1947年(昭和22)廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内務省
ないむしょう

明治~昭和(戦前)期の地方行政や警察など対民衆行政一般を所管した中央行政官庁。廃藩置県(1871)後、国内行政は大蔵省の所管であったが、所管事務の多すぎる弊があり内政専務の省の必要が唱えられていた。1873年(明治6)征韓論をめぐる政変を機に、同年11月内務省設置が公表され、創設の発議者で当時政府の実権を握っていた大久保利通(としみち)が初代内務卿(きょう)に就任し、翌年1月省機構が確定し太政官(だじょうかん)中の一省として執務が開始された。当初の機構は、大蔵省から勧業、戸籍、駅逓(えきてい)、土木、地理の五寮を、司法省から警保寮を、また工部省から測量司を移した六寮一司の構成で、内務行政の主軸は、富国強兵のための勧業政策と国内治安対策の推進にあった。75年文部省より衛生、図書(検閲)事務を、77年教部省廃止に伴い社寺局を移管した。81年新設された農商務省に殖産興業関係事務を移管して、警察、土木、地方行政を専務とする省となり、おりから盛り上がりをみせる自由民権運動に対し、言論、集会、結社の取締りなど政治警察事務の比重を高くした。85年内閣制度の実施に伴い内閣下の一省となり、大臣官房以下、総務、県治(98年地方局と改称)、警保、土木、衛生、地理、会計、戸籍(86年課に格下げ)、社寺(1900年宗教、神社の二局に分離)の九局となり、内務省機構がほぼ固まった。初代の内務大臣は山県有朋(やまがたありとも)であるが、彼の官僚閥形成の基盤となった。その後、87年造神宮使庁(ぞうじんぐうしちょう)を置き、国家神道(しんとう)政策を推進、90年内閣より鉄道庁を移管した。1920年(大正9)には、社会問題の発生、社会・労働運動の高揚を反映して社会局が新設され、関東大震災後の24年には復興局が置かれた。ついで37年(昭和12)には戦時体制下に計画局を、41年に国土局と防空局を設置した。内務大臣は各府県知事をはじめ地方高官の人事権をもち、全国警察の統轄者として警察権をも握った。28年には全国府県に特別高等警察を置き、一般行政警察とともに政治警察をも担当した。こうして内務省は、治安警察法、治安維持法などの治安立法を運用し、選挙干渉や大衆運動の弾圧、思想統制など、国民の生活全般にわたって管轄、統制を行った。45年(昭和20)敗戦を機に、特高警察廃止に始まる占領軍の民主化政策で機構を縮小してゆき、47年12月全体が廃止された。[佐々木克]
『『内務省史』全四冊(1971・地方財務協会/復刻版・1980・原書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の内務省の言及

【自治省】より

…地方自治制度の企画,立案および運営の指導,国と地方公共団体との連絡協調をはじめ地方行財政の全般に責任をもつ中央行政機関であり,公職選挙制度,消防制度をも担当する。旧内務省の系譜に属する。内務省は,第2次大戦後,行政民主化を求める連合軍側の占領政策により解体され,その機能は,国家公安委員会(警察庁),建設省,総理府,地方財政委員会,全国選挙管理委員会等に分割された。…

【殖産興業】より

…事実,73年末現在の事業所数は,電信,鉄道をはじめ,長崎,兵庫,赤羽の各製作所,佐渡,生野,三池,大葛,小坂の各鉱山など多数にのぼり,投下された財政資金も1870年11月~73年12月の間に1137万円余(同期間歳入総額の8%)に及んだ。そのうえ73年11月に新設された内務省も,民業育成という新しい見地に立って各種の工場や試験場(富岡製糸場,堺紡績所,内藤新宿試験場,下総牧羊場など)を継承ないし新設し,また北海道開拓使(1869年8月設置)も75年ころから農牧場や工場(真駒内牧牛場,札幌緬羊場,札幌麦酒醸造所など)を相次いで開設した。その結果70年代末には,工部省系の鉱山,鉄道,造船所などの大企業群のほか,内務省,開拓使の経営する多数の模範工場や農牧場,試験場が各地に出現することになったのである。…

※「内務省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

内務省の関連キーワードフェリクス クロフ杉山 四五郎安河内 麻吉入江 誠一郎池田 円男潮 恵之輔高村 坂彦三田村武夫篠原 義政入江誠一郎大島 直道黒田 綱彦安広伴一郎水野錬太郎物部 長穂安河内麻吉大坪 保雄EROS鈴木雅次留岡幸男

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内務省の関連情報