コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厚生省 こうせいしょう

6件 の用語解説(厚生省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

厚生省
こうせいしょう

社会福祉社会保障および公衆衛生の向上・増進をはかることを任務とした国の行政機関国家行政組織法および厚生省設置法による。国民の保健,薬事,麻薬,大麻の取り締まり,社会福祉事業,災害救助その他国民生活の保護指導,児童,母性の福祉の増進,社会保険国民年金人口問題,引揚援護,戦傷病者,戦没者遺族,未帰還者留守家族の援護などに関する事務,事業を司る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうせい‐しょう〔‐シヤウ〕【厚生省】

社会福祉社会保障および公衆衛生の向上・増進を図ることを任務とし、国民の保健・薬事、麻薬などの取り締まり、社会事業、災害救助、児童母性の福祉増進、社会保険国民年金などの行政事務を担当した国の行政機関。平成13年(2001)労働省と統合されて厚生労働省に改組。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

厚生省【こうせいしょう】

1938年−2000年に存在した省。社会福祉,社会保障公衆衛生の向上および増進を図るための事務を主管する中央行政機関。1938年内務省社会局(1922年設置)から分離して独立の厚生省となり,1947年労働省が分かれた。
→関連項目化学物質審査規制法経口避妊薬障害者プラン生命表日本医療機能評価機構引揚援護庁

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうせいしょう【厚生省】

社会的弱者のための社会福祉,年金・医療保険等の社会保障および公衆衛生水準の維持向上等を任務とする行政機関。旧内務省(1873設置)の社会局および衛生局の業務を分離・独立させて1938年1月設置された。当初,労働行政をも担当していたが,この部分は47年9月に労働省として分離・独立した。 その内部組織は大臣官房健康政策局保健医療局生活衛生局,薬務局,社会・援護局,老人保健福祉局,児童家庭局,保険局,年金局からなっており,これに加えて外局として社会保険庁がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうせいしょう【厚生省】

社会福祉・社会保障・公衆衛生の向上増進を任務とした国の行政機関。1938年(昭和13)発足。当初は労働行政をも担当した。外局に社会保険庁、付属機関に国立病院・療養所などが置かれた。2001年(平成13)中央省庁再編にともない、厚生労働省に移行。 → 厚生労働省

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

厚生省
こうせいしょう

国家行政組織法に基づき、厚生省設置法によって設置された国の行政機関。1938年(昭和13)に設置され、2001年(平成13)の中央省庁再編により、労働省とともに厚生労働省に統合された。
 厚生省は、社会福祉・社会保障および公衆衛生の向上・増進に関する国の行政を担当し、総じて、国民の生活権や生存権(憲法25条)の保障と実現にかかわる重要な行政機関の一つであった。このような任務の具体的内容は、国民の保健、薬事ならびに麻薬および大麻の取締り、社会事業・災害救助その他国民生活の保護指導、児童および母性の福祉の増進、社会保険に関する事務・事業(ただし労働省の所管に属するものを除く)、国民年金に関する事務・事業、人口問題に関する事務、となっており、加えて、引揚援護、戦傷病者・戦没者遺族・未帰還者留守家族等の援護、および、旧陸海軍関係者の復員などの残務整理などであった。
 内部部局として、大臣官房のほか、健康政策局、保健医療局、生活衛生局、医薬安全局、社会・援護局、老人保健福祉局、児童家庭局、保険局、年金局が置かれ、施設等機関として、社会保障・人口問題研究所、国立感染症研究所、検疫所、国立病院、国立療養所、国立がんセンター(現、国立がん研究センター)、国立医薬品食品衛生研究所などが置かれ、さらに審議会等として、中央社会保険医療協議会、社会保険審査会、中央社会福祉審議会、中央薬事審議会などが設置されていた。なお、地方支分部局として、地方医務局(7か所)および地区麻薬取締官事務所(8か所)が、また外局として社会保険庁があった。
 2001年以降、中央省庁再編により、厚生省の組織は次のように再編された。内部部局に関しては、大臣官房の有する機能のほとんどが、厚生労働省の大臣官房に引き継がれたが、その一部は、厚生労働省の内部部局である政策統括官に引き継がれ、社会・援護局、保険局、年金局については、厚生労働省の内部部局としてそのまま引き継がれ、健康政策局、保健医療局、医薬安全局、老人保健福祉局は、厚生労働省の内部部局である医政局、健康局、医薬局、および老健局にそれぞれ引き継がれ、生活衛生局については、廃棄物行政に関するものは環境省に、それ以外のものについては、厚生労働省の内部部局である健康局、医薬局に引き継がれた。また、児童家庭局については、労働省の女性局と統合され、厚生労働省の雇用均等・児童家庭局に引き継がれた。施設等機関に関しては、国立病院、国立療養所等については、厚生労働省の施設等機関にそのまま引き継がれ、審議会等に関しては、中央社会福祉審議会は、中央児童福祉審議会などとともに、厚生労働省の審議会等である社会保障審議会に、中央薬事審議会は、食品衛生調査会とともに厚生労働省の薬事・食品衛生審議会に引き継がれたが、中央社会保険医療協議会や社会保険審査会は、そのまま厚生労働省の審議会等として従来の機能を引き継いだ。また社会保険庁に関しては、厚生労働省の外局として置かれ、従来の機能を引き継いだ。[福家俊朗・山田健吾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の厚生省の言及

【小泉親彦】より

…戦時色が強くなっていくなかで,国民の体位向上に努力,強兵健兵対策に尽くした。厚生省誕生にあたって大きな力を注ぎ,その設立の功労者で,41年から3年間厚生大臣となったが,医師出身としては最初の厚生大臣で,結核の予防・撲滅など衛生行政に貢献した。陸軍軍医学校軍陣衛生学教室を中心に,化学兵器,日射病,栄養,産業衛生などの研究を行った。…

※「厚生省」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厚生省の関連情報