明石野文一(読み)あかしの ぶんいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

明石野文一 あかしの-ぶんいち

1798-1868 江戸時代後期の鍼医(はりい)。
寛政10年生まれ。13歳で失明し,江戸で杉山流鍼術(しんじゅつ)をまなぶ。文政13年勾当(こうとう)となり,明石野勾当と称した。越後(えちご)(新潟県)新発田(しばた)藩主や東叡山法親王に鍼(はり)をほどこした。慶応4年7月死去。71歳。越後出身。本姓斎藤

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android