春宮の大夫(読み)とうぐうのだいぶ

精選版 日本国語大辞典「春宮の大夫」の解説

とうぐう【春宮】 の 大夫(だいぶ)

① 春宮長官。みこのみやのつかさのかみ。とうぐうたゆう。
※続日本紀‐天平一九年(747)三月丙戌「以従四位下石川朝臣年足春宮大夫
② 明治二年(一八六九)七月に置かれた春宮坊の職員。坊のことをつかさどった勅任官。同五年正月廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android