勅任官(読み)ちょくにんかん

日本大百科全書(ニッポニカ)「勅任官」の解説

勅任官
ちょくにんかん

明治時代から第二次世界大戦敗戦までの官吏の身分上の等級。1869年(明治2)官吏の身分は勅任官奏任官判任官に区分された。勅任官は天皇の勅命によって任用される官吏で、広義には親任官および高等官(勅任官、奏任官の総称)一、二等をいい、狭義には親任官を除外する。初め勅任官は自由任用制をとったが、第二次山県有朋(やまがたありとも)内閣は、官僚に政党勢力が浸透するのを防ぐため、99年、文官任用令を改めて勅任文官たる者の資格を制限し、藩閥勢力が政党に対抗する一拠点とした。敗戦後、1946年(昭和21)一級官と改称されたが、49年人事院規則の公布によって廃止された。

[時野谷勝]

『内閣官房『内閣制度九十年資料集』(1976)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「勅任官」の解説

ちょくにん‐かん ‥クヮン【勅任官】

〘名〙 旧憲法下で、勅命によって叙任された官吏。親任官と一等・二等の高等官をいい、狭義では親任式によらないで勅任される一・二等の高等官をいう。勅任。
※内閣官制(明治二二年)(1889)五条「勅任官及地方長官の任命及進退」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「勅任官」の解説

ちょくにんかん【勅任官】

天皇の勅令によって任用される官吏。1869年(明治2)7月太政官達で勅授官,奏授官,判授官に区分し,のちに勅任官,奏任官,判任官と改称した。86年高等官官等俸給令制定により,高等官は勅任官(次官,局長級)と奏任官(課長級以下)に分けられ,勅任官の中に親任官(内閣総理大臣,国務大臣,枢密院正副議長,枢密顧問官,内大臣,宮内大臣特命全権大使,陸海軍大将,大審院長,検事総長,会計検査院長など)が設けられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の勅任官の言及

【高等官】より

…1885年内閣制度の創設に伴って,翌年の高等官官等俸給令及び判任官官等俸給令の制定により,官吏は高等官と判任官とに大別され,高等官は勅任官と奏任官とに分けられ,勅任官の中に親任官が設けられた。さらに92年制定の高等官官等俸給令により,親任官以外の高等官が9等分され,親任官・一等官・二等官が勅任官,三等官から九等官までが奏任官と定められた。…

【公務員】より

…この身分的関係は官僚制度内部にも反映し,そこで職務上の命令と服従の体系からくる官吏の上下関係が,忠誠と名誉の体系としての身分制的上下関係と重なりあっていた。すなわち国の機関に勤務する職員は,公法上の義務を負う官吏と,私法上の雇用関係に立つ非官吏(雇員,傭人等)に大別されていたが,官吏制度の内部にも,天皇による任命形式によって親任官(天皇が親書によって叙任する官吏),勅任官(天皇の勅令によって任用する官吏で広義では親任官を含むが,狭義では親任官を含まない),奏任官(長官の奏薦により勅裁を経て任用される官吏),判任官(有資格者の中から各省大臣,府県知事等の長官の権限で任用される官吏)と区別され,さらに勅任官は高等官1等から2等,奏任官は高等官3等から9等,判任官は1等から4等に分かれていた。文官と技官との間にも区別があり,宮中礼遇や叙位,叙勲を通じて身分的関係は強化されていた。…

※「勅任官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android