春宮坊(読み)とうぐうぼう

精選版 日本国語大辞典「春宮坊」の解説

とうぐう‐ぼう ‥バウ【春宮坊】

〘名〙
令制以後明治維新に至るまで、東宮に関するすべての事務をつかさどった役所大夫(だいぶ)・亮・大少の進・大少の属などの職員を置く。みこのみやのつかさ。
※令義解(718)東宮職員「春宮坊〈管監三。署六〉」
② 明治二年(一八六九)七月に設けた、皇太子に関する事務をつかさどった役所。その職員に、・大夫・学士・大少の・大少の・史生・坊掌・使部があった。同五年正月廃止。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「春宮坊」の解説

春宮坊
とうぐうぼう

皇太子 (→春宮 ) に奉仕した官司。「東宮坊」とも書く。大夫 (長官) ,亮 (次官) 以下の職員のほかに,傅 (皇太子補佐役) 1人,学士2人が任じられた。江戸時代末期まで令制の規定のまま存続。明治維新後,令制とほぼ同じものが設置されたが,明治5 (1872) 年廃官。以後東宮職が設置された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「春宮坊」の解説

とうぐうぼう【春宮坊】

皇太子の付属職司。和訓は,《和名抄》によると〈みこのみやのつかさ〉。《日本書紀》持統11年(697)の春宮大夫・亮の任命記事が,春宮坊職員の初見で,これは浄御原令の規定によるものと考えられる。ついで大宝・養老令に春宮坊の組織が定められた。養老令の東宮職員令によると,長官は皇太子への上令旨下達などをつかさどる大夫で,次官は亮,判官は大・少進,主典は大・少属であり,大夫の官位相当は従四位下である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android