七月(読み)シチガツ

  • しちがつ ‥グヮツ
  • しちがつ〔グワツ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 一年の第七番目の月。陰暦では秋。文月(ふみづき)。ふづき。しちがち。《季・夏(陰暦では秋)》 〔易林本節用集(1597)〕
※凍港(1932)〈山口誓子〉「七月(シチグヮツ)の青嶺(あをね)まぢかく熔鉱炉」
② (陰暦七月一五日が盂蘭盆にあたるところから) 盆の節供。
※浮世草子・好色二代男(1684)三「御抜(はらい)ども越(を)あてつけ、七月には淋しがらしておこと、さてもさてもむごひ物語」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

七月の関連情報