コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春富士春太夫 はるふじ はるたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春富士春太夫 はるふじ-はるたゆう

?-? 江戸時代中期-後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
春太夫節の祖。宝暦-寛政(1751-1801)ごろに活躍。春富士正伝(しょうでん)の弟または門人といわれ,初代宮薗鸞鳳軒(みやぞの-らんぽうけん)の門人ともいわれる。門弟に初代宮薗千之がいる。前姓は宮古路,大和路,宮薗。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

春富士春太夫

生年:生没年不詳
江戸中期の宮古路節の太夫。春富士正伝の弟で,宮薗鸞鳳軒の弟子。宝暦(1751~64)ごろから京坂において,宮古路,大和路,宮薗などの姓で活躍し,安永6(1777)年に春富士と改姓。寛政4(1792)年ごろ江戸に下り,春太夫節として一時行われた。初代宮薗千之に鸞鳳軒の宮薗節を伝えた。

(根岸正海)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報