コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春藤流 シュンドウリュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅんどう‐りゅう〔‐リウ〕【春藤流】

能楽ワキ方流派の一。流祖は春藤六郎次郎とされるが、異説もある。金春座付きとして栄えたが、明治以後衰えて、昭和20年(1945)廃絶

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅんどうりゅう【春藤流】

能楽のワキ方の一流。現在は廃絶。下掛しもがかり宝生流の鏑木かぶらぎ家はもとその芸系。初世春藤六郎次郎が金春こんぱる源七郎に学んでからシテ方金春流の座付きであった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の春藤流の言及

【能】より

…現存する流派は表1のとおりである。江戸時代には座付制度があり,観世座のワキ方は進藤流と福王流,金春座のワキ方は春藤流というように,その組合せが定まっていた。しかし,囃子方などは彼我相補うこともあり,座付の変更もあった。…

【宝生流】より

…(2)能のワキ方の流派名。下掛り(しもがかり)(金春,金剛,喜多の3流を指す)の金春流に属したワキ方春藤流(しゆんどうりゆう)から分かれたので,シテ方宝生流と区別して〈下掛り宝生流〉とも,〈下宝生(しもぼうしよう)〉〈脇宝生(わきぼうしよう)〉とも呼ぶ。流祖は,春藤流3世六右衛門道覚(?‐1630)の三男権七(?‐1692)で,宝生流を後援した将軍徳川綱吉の命で同流の座付となり,養子新之丞(?‐1724)から姓も宝生と改めて一流を立てたという。…

【ワキ方】より

…現在,宝生流福王流高安(たかやす)流の3流がある。廃絶した流派に進藤流(明治期に廃絶),春藤流(大正期に廃絶)の2流があった。宝生流は,シテ方宝生流と区別して脇宝生(わきぼうしよう)と称し,また金春(こんぱる)座付であった春藤流の分れなので下掛(しもがかり)宝生流とも称される。…

※「春藤流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

春藤流の関連キーワード春藤六右衛門下掛宝生流宝生流ワキ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android