コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金春座 コンパルザ

大辞林 第三版の解説

こんぱるざ【金春座】

大和猿楽四座の一。シテ方金春流を中心とした演能組織。もと円満井えんまんい座。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金春座の言及

【能】より

… 南北朝時代には,諸国の猿楽座の中で大和猿楽近江猿楽が際立つ存在だった。大和猿楽の中心は興福寺支配の4座,すなわち円満井(えんまい),坂戸,外山(とび),結崎(ゆうざき)の座で,これが後に金春(こんぱる)座(金春流),金剛座(金剛流),宝生座(宝生流),観世座(観世流)と呼ばれるようになる。結崎座を率いる観世という名の役者(後の観阿弥)は,技芸抜群のうえくふうに富み,将軍足利義満の愛顧を得て京都に進出し,座勢を大いに伸ばした。…

※「金春座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

金春座の関連キーワード大蔵九郎能氏金春四郎次郎金春・今春大辻 司郎金春禅竹金春重家金春安照大和猿楽大蔵虎寛大蔵能氏宮増親賢金春禅鳳金春権守大蔵政信大蔵虎明春藤流大蔵流幸正能宝生流金春