廃絶(読み)はいぜつ

精選版 日本国語大辞典「廃絶」の解説

はい‐ぜつ【廃絶】

〘名〙 すたれてなくなること。また、止してなくすこと。廃滅
※太平記(14C後)二四「朝儀悉廃絶(ハイゼツ)して」 〔後漢書‐光武帝紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「廃絶」の解説

はい‐ぜつ【廃絶】

[名](スル)すたれてなくなること。また、廃止してなくすこと。「家系廃絶する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「廃絶」の解説

【廃絶】はいぜつ

廃し絶える。〔後漢書、光武帝紀上〕光武~中山に至る。將復(ま)た上奏して曰く、、王ひ、宗す。怒し、兆人塗となる。~大王稷(しやしよく)(国家)を以て計と爲し、を心と爲せ。

字通「廃」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android