脇方(読み)ワキカタ

精選版 日本国語大辞典の解説

わき‐かた【脇方】

〘名〙
① 能楽で、専らワキ、ワキヅレを演ずる役者。
※日本‐明治三八年(1905)二月二二日「目下能楽界脇方として老錬無二の称ありし宝生金五郎氏は」
② 能楽で、専らワキを勤める資格のある家筋。江戸時代には、春藤・福王・進藤・高安・宝生(下掛り)の五流があり、それぞれシテ方諸流の座付きであったが、春藤・進藤は明治以降廃絶した。現在では福王・宝生・高安の三流があり、どの流派の相手をも勤める。
③ 脇の方。別の方面。
※颶風新話(航海夜話)(1857)初「今日は脇方へ行かねばならぬ事があるで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android