コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時の氏神 トキノウジガミ

デジタル大辞泉の解説

とき‐の‐うじがみ〔‐うぢがみ〕【時の氏神】

ちょうどよい時に出てきて仲裁する人。その時に際してありがたい人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

時の氏神

1932年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:菊池寛による同名小説、脚本:畑本秋一、小林正、撮影:横田達之。出演:島耕二、夏川静江、沖悦二、相良愛子ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ときのうじがみ【時の氏神】

ちょうどよい時に現れて、よい解決を与えてくれる人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

時の氏神の関連キーワード挨拶は時の氏神呑山仁奈子笹山ゆき乃挨拶

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android