コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時の氏神 トキノウジガミ

3件 の用語解説(時の氏神の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とき‐の‐うじがみ〔‐うぢがみ〕【時の氏神】

ちょうどよい時に出てきて仲裁する人。その時に際してありがたい人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

時の氏神

1932年公開の日本映画。監督:溝口健二、原作:菊池寛による同名小説、脚本:畑本秋一、小林正、撮影:横田達之。出演:島耕二、夏川静江、沖悦二、相良愛子ほか。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ときのうじがみ【時の氏神】

ちょうどよい時に現れて、よい解決を与えてくれる人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

時の氏神の関連キーワード祇園の姉妹首の座西鶴一代女近松物語OUTある映画監督の生涯 溝口健二の記録山椒大夫白い手女優須磨子の恋夜の女たち

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone