時無だいこん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

時無だいこん[根菜・土物類]
ときなしだいこん

近畿地方、京都府の地域ブランド。
江戸時代後期の1818(文政元)年頃、京都市南区東九条の小山藤七が極晩生種のだいこんの種子を手に入れ、藤七だいこんという名で販売したのが始まりという。現在は時無だいこんの名で広く普及し、端境期のだいこんとして栽培されている。根の太さは6cm〜8cm、長さは45cm前後。普通の青首大根に比べて根が白く、葉の色は濃い。4月〜6月に収穫される。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android