コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端境期 ハザカイキ

デジタル大辞泉の解説

はざかい‐き〔はざかひ‐〕【端境期】

端境の時期。また一般に、物事の入れ替わりの時期。「端境期で在庫が品薄になる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

はざかいき【端境期】

前年産の米に代わって新米が出回る前の頃。9、10月頃。また、一般に農産物や商品の新旧交替期で、品薄になる時期。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

端境期
はざかいき

農作物とくに穀物類は年1回の収穫をして翌年の収穫までの間利用する。たとえば米は10月に収穫するが、翌年8~9月になると在庫が減少してくる。そのため往時の自由経済の時代には緊急輸入したり、米価が高騰したりした。在庫が底をつくころから新米が出回る11月ころまでの間を、米の端境期という。転じて一般に需要のとぎれる時期をいい、また、農家経済で生活資金が窮乏する5~6月や9~10月を端境期とよぶことがある。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

端境期の関連キーワードシカゴ商品取引所偽旧1万円札事件時無だいこんトンガ(国)ナイポール福井(県)宮崎(県)寛喜の飢饉抑制栽培野菜園芸低温処理近郊農業農産物青苗法早場米春窮社倉還穀闇市

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端境期の関連情報