端境期(読み)ハザカイキ

デジタル大辞泉の解説

はざかい‐き〔はざかひ‐〕【端境期】

端境の時期。また一般に、物事の入れ替わりの時期。「端境期で在庫が品薄になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はざかいき【端境期】

前年産の米に代わって新米が出回る前の頃。9、10月頃。また、一般に農産物や商品の新旧交替期で、品薄になる時期。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

端境期
はざかいき

農作物とくに穀物類は年1回の収穫をして翌年の収穫までの間利用する。たとえば米は10月に収穫するが、翌年8~9月になると在庫が減少してくる。そのため往時の自由経済の時代には緊急輸入したり、米価が高騰したりした。在庫が底をつくころから新米が出回る11月ころまでの間を、米の端境期という。転じて一般に需要のとぎれる時期をいい、また、農家経済で生活資金が窮乏する5~6月や9~10月を端境期とよぶことがある。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

端境期の関連情報