晋山(読み)しんざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

晋山
しんざん

新しく住職になる者が初めてそのに入ること。その儀式を晋山式といい,真言宗や禅宗などでは儀式のなかで問答論議が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐ざん【×晋山】

《「晋」は進む、「山」は寺の意》僧侶が新たに一寺の住職となること。「晋山式」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の晋山の言及

【住職】より

…古くからある住持職(住持)の略称。住職になることを出世(しゆつせ)といい,住職として実際にその寺に入ることを入院(じゆいん),あるいは晋住(しんじゆう),また晋山(しんざん)という。住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称や尊称がある。…

※「晋山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android