コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

晋山 しんざん

デジタル大辞泉の解説

しん‐ざん【×晋山】

《「晋」は進む、「山」は寺の意》僧侶が新たに一寺の住職となること。「晋山式」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんざん【晋山】

〔「晋」は進む、「山」は寺の意〕
僧侶が初めて正式に一寺の住職となること。 「 -式」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の晋山の言及

【住職】より

…古くからある住持職(住持)の略称。住職になることを出世(しゆつせ)といい,住職として実際にその寺に入ることを入院(じゆいん),あるいは晋住(しんじゆう),また晋山(しんざん)という。住職という呼称は,今日では宗派を問わず多く用いられているが,歴史的にみると,寺院最高位の僧職の呼称は時代により宗派により,またそれぞれの寺院によって,さまざまの異称や尊称がある。…

※「晋山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

晋山の関連キーワード竜統元棟幡随意

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晋山の関連情報