コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普一 ふいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

普一 ふいち

?-? 鎌倉-南北朝時代の声明(しょうみょう)家。
真言宗南山進流。覚意の創案した五音(ごいん)博士(記譜法)をもちいて,文保(ぶんぽ)2年(1318)「魚山集」を書写する。現存する声明集では流派最古のもの。また「音曲式口伝」をあらわし,朗詠にも通じた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

普一

生年:生没年不詳
鎌倉後期・南北朝期の真言宗南山進流の声明家。覚意の考案した五音博士をもっとも早く用いて,文保2(1318)年8月1日に『魚山集』3巻を書写した。南山進流の現存する声明集としては最古のものになる。また,貞和2/正平1(1346)年8月19日には講式の読み方を示した『音曲式口伝』を記した。延慶2(1309)年8月13日には,因空より朗詠の伝授を受けたという。中世の広範な音楽的教養人の典型と考えられる。

(高橋美都)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

普一の関連キーワード六輪一露之記南北朝時代エルスケン生年志玉古流