コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五音 ごいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五音
ごいん

五音」のページをご覧ください。

五音
ごおん

中国,日本の音楽理論用語。宮 (きゅう) ,商,角,徴 (ち) ,羽 (う) の総称およびこの理論体系をいう。「ごいん」とも読み,本来は,「五声」という。 (1) 中国においては定められた基準の音を宮とし,そこから出発して三分損益 (さんぶんそんえき) を4回行なって得られた音を,1オクターブのなかで高さの順に並べたもの。たとえば,宮をハ音としてここから並べると,ほぼハニホトイとなる。並べ方としては,五声と方位を結びつけ,宮を中央に配するという考え方から,徴から始めることも多い。結局,音程関係のみ示し,音階内での機能は2次的。また,五行説や密教思想とも結びつけられて各音がさまざまの音楽外的意義をもつようになった。戦国時代の文献にみえ,変徴,変宮の加わった七声の理論が導入されたのちも,雅楽においては五音を正声として尊重。この考え方は唐代俗楽の二十八調の理論にも現れている。 (2) 日本では,唐代中国から伝わり,平安時代以後,日本的に変質。 (りょ) ,に関係なく,その第1音を宮と呼び,洋楽の音階にほとんど等しい概念として用いられた。中国の五声に近いものを呂の五音とし,それに対してその角が半音高い日本的な五声を律の五音とする。江戸時代に発達した箏,三味線音楽の音階に対しても,この五音の名称を用いている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐いん〔‐イン|‐ヰン〕【五音/五韻】

(五音)「五声(ごせい)1」に同じ。
五十音図の各行の五つの音。ごおん。
中国音韻学で、喉音(こうおん)顎音(がくおん)舌音(ぜつおん)歯音(しおん)唇音(しんおん)の総称。
声の調子。こわね。
「遠慮なしに膝もとへつつと来いと言ふ―」〈浄・碁盤太平記

ご‐おん【五音】

ごいん(五音)
世阿弥謡(うたい)を曲趣により五つに分類したもの。祝言・幽曲・恋慕・哀傷・闌曲(らんぎょく)。また、それを記した書。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

五音【ごいん】

五声(ごせい)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

占い用語集の解説

五音

中国や日本の音律のこと。宮(きゅう)・商(しょう)・角(かく)・緻(ち)・羽(う)の五つの音を指し、宮は土、商は金、角は木、緻は火、羽は水に五行が配される。

出典|占い学校 アカデメイア・カレッジ占い用語集について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごいん【五音】

日本の伝統的音楽理論用語。五声ともいう。1オクターブの中に設定される五つの音階音,すなわち宮(きゆう),商,角,徴(ち),羽(う)をいう。元来は中国から伝えられた用語が,日本化したもので,5音音階の第1音を調に関係なくつねに宮とし,上に向かって順に商,角……とする。宮とそれ以外の音との音程関係は,商が長2度,徴が完全5度,羽が長6度で,角のみは長3度と完全4度の二様が区別される。長3度の角は(りよ)の調子の場合のもので,また完全4度の角はの場合である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごおん【五音】

ごいん(五音) 」に同じ。
世阿弥ぜあみが用いた能の用語。謡うたいの内容による五つの謡い方。祝言・幽曲・恋慕・哀傷・闌曲らんぎよく。また、それを記した書(二巻)。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五音
ごおん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の五音の言及

【五声】より

…音楽理論用語。五音ともいい,広くは5音音階を意味する。中国音階の基調をなし,日本,朝鮮にも入った。…

【五声】より

…音楽理論用語。五音ともいい,広くは5音音階を意味する。中国音階の基調をなし,日本,朝鮮にも入った。…

※「五音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

五音の関連情報