コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朗詠 ろうえい

6件 の用語解説(朗詠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朗詠
ろうえい

歌謡の一種。和漢の詩文に旋律をつけ,笙 (しょう) ,篳篥 (ひちりき) ,横笛の伴奏で歌うこと。漢詩を朗吟することは古くから行われたと思われるが,平安時代中期,源雅信が菅原文時に命じて書かせた辞表の佳句を一定の節をつけて詠吟したのが狭義の朗詠の始りといわれ,これから根本朗詠7首が生れたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ろう‐えい〔ラウ‐〕【朗詠】

[名](スル)
詩歌などを、節をつけて声高くうたうこと。吟詠。「人麿の歌を―する」
平安中期から流行した歌謡で、漢詩文の一節を朗吟するもの。中世以降、雅楽化された。詞章となる詩歌を収めたものに「和漢朗詠集」などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

朗詠【ろうえい】

雅楽の一種。平安時代の貴族が,和漢の詩文に旋律をつけ歌ったもの。現在では宮内庁楽部に伝承され笙(しょう),篳篥(ひちりき),竜笛(りゅうてき)の伴奏で歌われている。
→関連項目郢曲句頭笏拍子白拍子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ろうえい【朗詠】

雅楽の歌謡(うたいもの)の一つ。漢詩にフシをつけて朗誦し,これに笙,篳篥(ひちりき),横笛(竜笛)など雅楽の管楽器が助奏を行う。催馬楽(さいばら)に比べると拍節も定かではなく,むしろ,ゆるやかに流れるフシのみやびやかさを鑑賞すべく考案されたもののようである。宇多天皇の孫にあたる源雅信(920‐993)がそのうたいぶりのスタイルを定め,一派を確立したと伝えられており,その後,雅信を流祖とする源家(げんけ)と,《和漢朗詠集》《新撰朗詠集》の撰者藤原公任藤原基俊などの流派である藤家(とうけ)の2流により,それぞれのうたいぶりや譜本を伝えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ろうえい【朗詠】

( 名 ) スル
詩歌を声高らかにうたうこと。朗吟。 「漢詩を-する」
雅楽の一。漢詩に曲節をつけてうたう自由なリズムの謡物。平安以降、管弦の遊びの折などに行われた。その詞章となる詩歌を集めたものに「和漢朗詠集」「新撰朗詠集」などがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朗詠
ろうえい

雅楽の声楽種目名。謡物(うたいもの)として催馬楽(さいばら)と並んで平安時代につくられ、唐楽管絃(かんげん)で演奏される。広義の郢曲(えいきょく)にも含まれる。地方の民謡を詞章とした拍節的な催馬楽に対して、朗詠は二節一連の漢詩を用い、自由拍子で拍節はない。漢詩を一ノ句から三ノ句に分け、各句の初めを独唱、「付所(つけどころ)」の指示がある箇所からは笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・竜笛(りゅうてき)(各一管)の付奏により斉唱で謡われる。笙は合竹(あいたけ)ではなく一本吹。
 源雅信が一定の曲節をつけたという『極楽尊』『徳是北辰(とくはこれほくしん)』などを根本七首と称す。のちに曲目が増え、藤原宗忠・忠実(ただざね)らは『朗詠九十首抄』、藤原公任(きんとう)は『和漢朗詠集』を著した。平安から鎌倉初めにかけては、神楽歌(かぐらうた)・催馬楽、やがては今様(いまよう)も含めて広く郢曲として宮廷貴族に親しまれる。歌法には源家(げんけ)と藤家(とうけ)があったが藤家は絶え、明治時代に宮内庁で演奏すべきものとして『嘉辰(かしん)』『東岸(とうがん)』『徳是(とくはこれ)』『二星(じせい)』『池冷(いけすずし)』『暁梁王(あかつきりょうおう)』『紅葉(こうよう)』『春過(はるすぎ)』『新豊(しんぽう)』『松根(しょうこん)』『九夏(きゅうか)』『一声(いっせい)』『泰山(たいざん)』『花上苑(はなじょうえん)』が撰定(せんてい)された。[橋本曜子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の朗詠の言及

【詩吟】より

…吟詠(ぎんえい),朗詠(ろうえい),朗吟(ろうぎん)などとも呼ぶが,吟者の中には,漢詩の訓読を吟じることを〈詩吟〉,琵琶歌の中の和歌や漢詩の訓読が独立したものを吟じることを〈吟詠〉,俳句・今様・新体詩・散文詩などを吟じることを〈朗詠〉と称して区別している者が多い。旋律は,日本語の詩歌を読み上げる際のイントネーションが強調されたもので,旋律の骨組みは同形でも詩の情感を吟じ分けることが吟者に要求されている。…

【日本音楽】より

…このために9世紀半ば,仁明天皇のころから約半世紀にわたって,いわゆる楽制改革が行われた。この運動の一環として,外国音楽の様式に日本の歌詞をはめこんだ催馬楽(さいばら),さらにそれが日本的になった朗詠の2種の新声楽が生まれた。また,宮中の祭祀楽も御神楽(みかぐら)として,その形態が整えられ,雅楽の中に含まれるようになった。…

※「朗詠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朗詠の関連キーワード雅楽寮歌曲歌男大御葬の歌歌い物和詩運命の歌鐘の歌グレの歌

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朗詠の関連情報