コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文保 ブンポウ

大辞林 第三版の解説

ぶんぽう【文保】

年号(1317.2.3~1319.4.28)。正和の後、元応の前。花園・後醍醐天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんぽう【文保】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1317年から1319年まで、花園(はなぞの)天皇、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は正和(しょうわ)。次元号は元応(げんおう)。1317年(正和6)2月3日改元。地震の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『梁書(りょうしょ)』を出典とする命名。文保年間の鎌倉幕府の将軍は守邦(もりくに)親王(9代、鎌倉幕府最後の将軍)。執権は北条高時(たかとき)(14代)。後深草(ごふかくさ)天皇の皇統である持明院統(じみょういんとう)と、亀山(かめやま)天皇の皇統である大覚寺統(だいかくじとう)の皇位継承をめぐる対立が生じたが、幕府は1317年(文保1)に両皇統の天皇が交互に即位する「両統迭立(てつりつ)」を提示し、両統の妥協・合意が図られた(「文保の和談」)。翌1318年(文保2)、持明院統の花園天皇が譲位し、大覚寺統の後醍醐天皇が即位した。皇太子に立てられたのは、大覚寺統嫡流の後二条(ごにじょう)天皇の皇子(邦良(くによし)親王)で、後醍醐は中継ぎの天皇とされた。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

文保の関連キーワード藤原宗子(2)続千載和歌集実海(1)貞吉(1)覚雲法親王隆遍(2)花山院家定良覚(2)花山院長定亮性法親王西蓮(2)持明院統大覚寺統近衛経平上杉憲藤北条高時災異改元善統親王鎌倉幕府洞院公守

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

文保の関連情報