コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文保 ブンポウ

3件 の用語解説(文保の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぶんぽう【文保】

鎌倉後期、花園天皇後醍醐天皇の時の年号。1317年2月3日~1319年4月28日。ぶんぽ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶんぽう【文保】

年号(1317.2.3~1319.4.28)。正和の後、元応の前。花園・後醍醐天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

ぶんぽう【文保】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1317年から1319年まで、花園(はなぞの)天皇、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は正和(しょうわ)。次元号は元応(げんおう)。1317年(正和6)2月3日改元。地震の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『梁書(りょうしょ)』を出典とする命名。文保年間の鎌倉幕府の将軍は守邦(もりくに)親王(9代、鎌倉幕府最後の将軍)。執権は北条高時(たかとき)(14代)。後深草(ごふかくさ)天皇の皇統である持明院統(じみょういんとう)と、亀山(かめやま)天皇の皇統である大覚寺統(だいかくじとう)の皇位継承をめぐる対立が生じたが、幕府は1317年(文保1)に両皇統の天皇が交互に即位する「両統迭立(てつりつ)」を提示し、両統の妥協・合意が図られた(「文保の和談」)。翌1318年(文保2)、持明院統の花園天皇が譲位し、大覚寺統の後醍醐天皇が即位した。皇太子に立てられたのは、大覚寺統嫡流の後二条(ごにじょう)天皇の皇子(邦良(くによし)親王)で、後醍醐は中継ぎの天皇とされた。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文保の関連キーワード私年号年号逸年号正和仁治宝治暦仁周制深恵西の御方

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

文保の関連情報