コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覚意 かくい

2件 の用語解説(覚意の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

覚意
かくい

鎌倉時代の声明 (しょうみょう) 家。字は証蓮房。当時の真言声明の流派のうち,金剛三昧院方の祖といわれている。現在の真言声明で用いられている楽譜のうち,墨譜とか本博士 (ほんばかせ) などと呼ばれる五音博士の原理は,彼の創案になるものと考えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

覚意 かくい

?-? 鎌倉時代の僧。
文永(1264-75)のころの人。高野山にのぼり,般若房(はんにゃぼう)了憲,宝蓮房祐真を師として,真言の声明(しょうみょう)をまなぶ。高野山金剛三昧院で,これをひろくつたえるために力をつくした。号は証蓮房。著作に「声明博士口伝」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

覚意の関連キーワード唯心景秀顕昭(2)高信順忍証慧定憲源顕子無為信良殿

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覚意の関連情報