コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通配当 ふつうはいとう

2件 の用語解説(普通配当の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

普通配当

当期に上げた利益の中から企業が株主に対して支払う一般的な配当。配当には、その他に利益が増加したときに一時的に支払われる「特別配当」、創立記念や上場市場の変更などを記念して支払われる「記念配当」などがある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

保険基礎用語集の解説

普通配当

通常配当となりますので意味は次の通りとなります。普通配当ともいいます。保険料にかかわる予定率と実際の率との差に基づく契約者配当準備金を財源として毎年加入者に還元配分される配当金です。長期継続契約に対して還元分配される特別配当と区別して、通常配当といいます。

出典|みんなの生命保険アドバイザー
(C) Power Planning Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の普通配当の言及

【配当】より

…現在では上場会社について見るならば,その大半が中間配当を行っている。 なお,配当を性格別にみると,普通配当,特別配当,記念配当という分け方もある。特別配当は利益水準が一時的に高まったときなどに実施するもので,普通配当ほどの安定性はなく,数期間後には廃止することを前提にしている場合が多い。…

※「普通配当」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

普通配当の関連キーワード死差益死差損積立マンションライフ総合保険大衆保険保険申込書通常配当総収入保険料積立店舗休業保険料率表費差損

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

普通配当の関連情報