コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景三 ケイサン

世界大百科事典内の景三の言及

【横川景三】より

…戦国初期の五山文学の禅僧(臨済宗)。万年村僧,小補,補庵の別号も用いる。播磨(兵庫県)に生まれ,4歳で京都相国寺常徳院の英叟につく。1441年(嘉吉1)英叟の法兄の竜淵に参じ,同年3月,曇仲道芳の三十三回忌に墓塔を拝して弟子となる。文学僧曇仲の法系を存続させるはからいであった。67年(応仁1)8月には桃源瑞仙とともに応仁の乱を避けて近江(滋賀県)市村滋雲寺や永源寺竜門庵に居住した。近江ではのちに識廬庵を建てた小倉実澄や野洲の永原吉重らと親交をもった。…

※「景三」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

景三の関連キーワード肝っ玉おっ母とその子供たち鹿苑日録彦竜周興日露戦争瑞渓周鳳神仙思想五山文学筒井順慶大文字火雲章一慶琴叔景趣万里集九賢江祥啓平仲中衡宗山等貴景徐周麟桃源瑞仙彦龍周興横川景三天理教

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

景三の関連情報