コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇仲道芳 どんちゅう どうほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曇仲道芳 どんちゅう-どうほう

1367-1409 南北朝-室町時代の僧。
貞治(じょうじ)6=正平(しょうへい)22年生まれ。京都の人。臨済宗相国寺の空谷明応(くうこく-みょうおう)の法をつぐ。応永15年首座(しゅそ)となる。相国寺常徳院内に養源軒をたてる。絶海中津(ぜっかい-ちゅうしん)に四六文の作法をまなんだ。応永16年閏(うるう)3月29日死去。43歳。道号ははじめ竺曇。著作に四六文集「曇仲遺藁」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

曇仲道芳の関連キーワード室町時代横川景三南北朝道芳貞治

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android