コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

景山大徹 かげやま だいてつ

1件 の用語解説(景山大徹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

景山大徹 かげやま-だいてつ

?-? 江戸時代後期の医師。
因幡(いなば)(鳥取県)の人。大坂で今井兼文からドイツ人医師モーニッケ伝授の種痘法をまなぶ。嘉永(かえい)3年(1850)鳥取藩にねがいでて種痘をおこない,安政元年天然痘流行の際には藩内各村で実施した。初名は大輔。号は一貫堂。著作に「牛痘解」「種痘経験録」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

景山大徹の関連キーワード小泉友賢三角了敬因幡阿部古仙安陪惟親神戸習悦沢田玄良大蕪百々俊道守矢祥庵

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone