コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智月尼 チゲツニ

デジタル大辞泉の解説

ちげつ‐に【智月尼】

[?~1708ころ]江戸前期の俳人山城の人。大津の川井佐左衛門の妻。夫に死別後、尼になる。息子の乙州(おとくに)とともに蕉門に学んだ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちげつに【智月尼】

江戸前期の俳人。山城の生まれ。大津の伝馬役・問屋役の河合佐右衛門の妻。乙州おとくにの姉・養母。芭蕉に師事し、形見として「幻住庵記」を贈られた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

智月尼の関連キーワード出雲の阿国幻住庵記伝馬役形見養母芭蕉

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android