コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

智月尼 チゲツニ

2件 の用語解説(智月尼の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちげつ‐に【智月尼】

[?~1708ころ]江戸前期の俳人。山城の人。大津の川井佐左衛門の妻。夫に死別後、尼になる。息子の乙州(おとくに)とともに蕉門に学んだ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちげつに【智月尼】

江戸前期の俳人。山城の生まれ。大津の伝馬役・問屋役の河合佐右衛門の妻。乙州おとくにの姉・養母。芭蕉に師事し、形見として「幻住庵記」を贈られた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

智月尼の関連キーワード和算和算と算額堀場製作所伊藤坦庵お染久松革堂十文銭代物替え関孝和ピット

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone