暇を明ける(読み)ひまをあける

精選版 日本国語大辞典「暇を明ける」の解説

ひま【暇】 を 明(あ)ける

ひまにする。忙しくないようにする。「うき世のひまをあける」の形で、死んでしまうに用いる。
御伽草子・唐糸草子(室町末)「いかなる淵瀬へも身を投げて、うき世のひまをあけん」
② 離縁する。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「物好過たる奥さまに迷惑いたす。さらりと(ヒマ)あけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android