暇を明ける(読み)ひまをあける

  • ひま
  • を 明(あ)ける

精選版 日本国語大辞典の解説

① ひまにする。忙しくないようにする。「うき世のひまをあける」の形で、死んでしまう意に用いる。
※御伽草子・唐糸草子(室町末)「いかなる淵瀬へも身を投げて、うき世のひまをあけん」
② 離縁する。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「物好過たる奥さまに迷惑いたす。さらりと隙(ヒマ)あけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android