暇を明ける(読み)ひまをあける

精選版 日本国語大辞典の解説

ひま【暇】 を 明(あ)ける

① ひまにする。忙しくないようにする。「うき世のひまをあける」の形で、死んでしまう意に用いる。
※御伽草子・唐糸草子(室町末)「いかなる淵瀬へも身を投げて、うき世のひまをあけん」
② 離縁する。
※浮世草子・世間胸算用(1692)二「物好過たる奥さまに迷惑いたす。さらりと隙(ヒマ)あけて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android