暑さ忘れりゃ蔭忘る(読み)あつさわすれりゃかげ忘る

ことわざを知る辞典の解説

暑さが去ると、涼しかった物かげのありがたさを忘れる。どうにもならぬ苦しみが過ぎてしまうと、苦しかったとき助けてくれた人の恩義などもたちまち忘れてしまうことのたとえ。与えられた恩恵を忘れることの早いたとえ。

[類句] 喉元過ぎれば熱さを忘れる雨晴れて笠を忘る病治りて医師忘る

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android