コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喉元過ぎれば熱さを忘れる ノドモトスギレバアツサヲワスレル

デジタル大辞泉の解説

喉元(のどもと)過ぎれば熱さを忘れる

熱いものも、飲みこんでしまえばその熱さを忘れてしまう。転じて、苦しい経験も、過ぎ去ってしまえばその苦しさを忘れてしまう。また、苦しいときに助けてもらっても、楽になってしまえばその恩義を忘れてしまう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

のどもとすぎればあつさをわすれる【喉元過ぎれば熱さを忘れる】

苦しい事も過ぎてしまえば忘れてしまうことのたとえ。また、苦しいときに受けた恩も楽になれば忘れてしまうことのたとえ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

喉元過ぎれば熱さを忘れるの関連キーワード難産色に懲りずたとえ喉元

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

喉元過ぎれば熱さを忘れるの関連情報