コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暑熱適応 しょねつてきおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

暑熱適応
しょねつてきおう

暑熱環境に対する適応。人間が暑熱にあうと一時的に発汗が増加し,不快感を催す。しかし,この暑熱刺激の繰返しがあると,人間は,一時的な発汗を示すことなく,また不快感を覚えることなく生活することができるようになる。さらに人類学的にみれば,暑熱の地に適応した体型は,痩身で,体幹に比して四肢は著しく長く細い。このことは体表面積の増大を意味し,体熱放散を促進する。皮下脂肪は薄く,能動汗腺数が増す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

暑熱適応の関連情報