コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲師 キョクシ

大辞林 第三版の解説

きょくし【曲師】

浪花節なにわぶしで、伴奏の三味線を弾く人。浪花節が浪曲といわれるようになったために、1928年(昭和3)にできた語。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曲師の関連キーワード桃中軒 雲右衛門(初代)鼈甲斎 虎丸(3代目)天中軒 雲月(1代目)玉川 勝太郎(2代目)吉田 奈良丸(3代目)春野 百合子(初代)浪花亭 愛造(初代)広沢 菊春(2代目)天中軒 雲月(初代)広沢 虎造(2代目)東家 楽遊(2代目)春日井 梅鶯(初代)木村 重松(初代)木村 重友(初代)相模 太郎(初代)浪花亭 綾太郎浮世亭 雲心坊三桝家 つばめ武蔵屋 嘉市広沢 小虎造

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲師の関連情報