コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽根英二 そね えいじ

1件 の用語解説(曽根英二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曽根英二 そね-えいじ

1949- 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,マスコミュニケーション学者。
昭和24年生まれ。山陽放送に入社し,アナウンサーをへて報道部記者となり,瀬戸内海環境問題,イランイラク戦争,香川県豊島(てしま)の産廃不法投棄などを取材。平成22年阪南大教授。同年「限界集落 吾(わ)の村なれば」で毎日出版文化賞。兵庫県出身。早大卒。著作はほかに「ゴミが降る島 香川・豊島 産廃との「20年戦争」」「生涯被告「おっちゃん」の裁判 600円が奪った19年」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

曽根英二の関連キーワード国際ジャーナリスト連盟筑紫哲也尾上菊之丞(2代)黒田清斎藤茂男佐藤允彦鈴木均竹中労茶本繁正松山幸雄

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone