コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽根英二 そね えいじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曽根英二 そね-えいじ

1949- 昭和後期-平成時代のジャーナリスト,マスコミュニケーション学者。
昭和24年生まれ。山陽放送に入社し,アナウンサーをへて報道部記者となり,瀬戸内海の環境問題,イランイラク戦争,香川県豊島(てしま)の産廃不法投棄などを取材。平成22年阪南大教授。同年限界集落 吾(わ)の村なれば」で毎日出版文化賞。兵庫県出身。早大卒。著作はほかに「ゴミが降る島 香川・豊島 産廃との「20年戦争」」「生涯被告「おっちゃん」の裁判 600円が奪った19年」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曽根英二の関連キーワードジャーナリスト

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android