コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾根真知子 そね まちこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾根真知子 そね-まちこ

野上弥生子の小説「真知子」の主人公。
中流上層階級のわかい女性で,帝大で社会学を聴講している。周囲の俗物的・偽善的環境からぬけだそうと,貧農出身の革命家関三郎に愛をもとめる。しかし親友が関の子をやどしていることを知って決別し,前から自分に求婚している考古学者河井の愛をうけいれる。小説は昭和6年鉄塔書院より刊行。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android