野上弥生子(読み)のがみやえこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野上弥生子
のがみやえこ

[生]1885.5.6. 大分,臼杵
[没]1985.3.30. 東京
小説家。本名,ヤヱ。 1906年明治女学校高等科卒業。同年野上豊一郎と結婚,その縁で夏目漱石門下となり『縁 (えにし) 』 (1907) を発表。以来文壇の圏外にいながら『海神丸』 (22) ,『大石良雄』 (26) などを書き,昭和に入ると『真知子』 (28~30) ,『若い息子』 (32) ,『迷路』 (6部,36~56) などの社会小説を発表。堅実な写実的手法と時代への関心,知性を基調とするヒューマニズムで長い作家生命をもった。ほかに『秀吉と利休』 (62~63) ,随筆集『鬼女山房記』 (64) ,『一隅の記』 (68) などがあり,72年から自伝的小説『森』を執筆していたが完成間近で絶筆遺作となった。芸術院会員。 65年文化功労者。 71年文化勲章受章。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

野上弥生子【のがみやえこ】

小説家。本名ヤエ。大分県生れ。明治女学校卒。英文学者,能楽研究家である夫野上豊一郎〔1883-1950〕とともに夏目漱石に師事し,《ホトトギス》に写生文的な小品を発表。1911年創刊の《青鞜》にも作品を寄稿した。《海神丸》《大石良雄》から長編《真知子》と社会的視野をもつ作品に進み,戦前から戦後にかけて大作《迷路》を完成。ほかに《秀吉利休》がある。1971年文化勲章。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野上弥生子 のがみ-やえこ

1885-1985 明治-昭和時代の小説家。
明治18年5月6日生まれ。野上豊一郎の妻。夏目漱石の門下。明治40年「ホトトギス」に発表した「縁(えにし)」などの写生文的な短編から出発し,大正11年「海神丸」で注目される。以後,社会的視野にたった「真知子」「迷路」などを発表した。昭和46年文化勲章。昭和60年3月30日死去。99歳。大分県出身。明治女学校卒。旧姓は小手川。本名はヤヱ。作品はほかに「大石良雄」「秀吉と利休」など。
【格言など】諦めるということは便利な言葉である。が,卑怯な言葉で,また怖ろしい言葉である(「夫と妻」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

のがみやえこ【野上弥生子】

1885‐1985(明治18‐昭和60)
作家。大分県の生れ。本名ヤエ。明治女学校を卒業し,1907年野上豊一郎と結婚し,3児の母となる。夏目漱石の指導のもとに,07年《ホトトギス》に発表した《縁》以下の写生文作家として出発し,11年《青鞜》が創刊されると,圏外にありながら創作や翻訳を寄稿した。処女創作集《新しき命》(1916)出版のころは母性賛歌の独自の作風を見せ,一方で20年にはJ.シュピーリ原作の《ハイヂ》を翻訳した。22年《海神丸》,26年《大石良雄》を発表,西欧古典の教養に培われた知的構成力と,精緻なリアリズムに基づく理想主義的作風を示した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

のがみやえこ【野上弥生子】

1885~1985) 小説家。大分県生まれ。本名、ヤヱ。豊一郎の妻。明治女学校卒。夏目漱石に師事。健全な道徳観と知的な作風で、市民生活や社会的問題を扱う。自由主義的立場での文明批評的発言も多い。著「海神丸」「真知子」「迷路」「秀吉と利休」「森」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野上弥生子
のがみやえこ
(1885―1985)

小説家。明治18年5月6日大分県臼杵(うすき)町に酒造家小手川角三郎・マサの長女として生まれた。明治女学校高等科卒業。英語の家庭教師として知遇を得た野上豊一郎(とよいちろう)と結婚、夏目漱石(そうせき)の門下であった豊一郎の啓発により創作に着手。漱石の懇切な指導のもとに写生文で出発。処女作『縁(えにし)』(1907)。創作のかたわらギリシア・ローマ神話『伝説の時代』を翻訳、漱石の序を付して出版(1913)。書き下ろし児童文学「愛子叢書(そうしょ)」に起用されて出版した『人形の望(のぞみ)』(1914)は、人間が生きるうえでもっともたいせつなのは知恵であるという生涯を貫いた理念が描かれ、野上文学の原点をなす。『新しき命』(1916)が表明する母親・主婦作家の域を、人肉食問題を実話に基づいて創(つく)った『海神丸』(1922)によって超えると、以後、飛躍的に社会的視野を拡大し、マルキシズムが知識人を襲った昭和初年の疾風怒濤(しっぷうどとう)下で苦悩する青年の姿を、『真知子(まちこ)』(1928~30)、『若い息子』(1932)、『迷路』(1936~56)と三部作的構成で発表した。これらは歴史的記念碑としての価値高い作品であるが、とくに『迷路』は、昭和史のなかでももっとも厳しい時節をスケール大きく描いた、戦後文学の代表作である。その後、80歳間近にして発表した『秀吉と利休』(1962~63)は、政治家対芸術家の対立関係を、芸術家の内面葛藤(かっとう)に力点を置いて描いた、作者畢生(ひっせい)の傑作である。完結を目前に中絶した『森』(1972~85)は、87歳時起筆作とは思えぬ精気で、明治女学校を舞台に明治30年代前半期が、文化史的感興をそそる方法で書かれている、この作者の掉尾(とうび)を飾るにふさわしい作品である。文芸界がこぞって白寿を祝った席で、なお盛んな意欲を披瀝(ひれき)して驚嘆されたが、昭和60年3月30日、満100歳の誕生日を前に長い生涯を閉じた。以上の道程が示すように、自己の理念に忠実に、最後まで生々発展し続けた類稀(たぐいまれ)な作家である。翻訳、評論も多く領域は広い。読売文学賞(1958)、女流文学賞(1964)、文化功労者(1965)、文化勲章(1971)、朝日賞(1981)、日本文学大賞(1986)を受けた。[渡辺澄子]
『『野上彌生子全集』全26冊(1980~82・岩波書店) ▽『野上彌生子日記』(1984・岩波書店) ▽『森』(1985・新潮社) ▽『野上彌生子全集 第期』全29冊(1986~91・岩波書店) ▽渡辺澄子著『野上弥生子研究』(1969・八木書店) ▽瀬沼茂樹著『野上彌生子の世界』(1984・岩波書店) ▽助川徳是著『野上弥生子と大正期教養派』(1984・桜楓社) ▽渡辺澄子著『野上弥生子の文学』(1984・桜楓社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野上弥生子の関連情報