コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾根 そね

1件 の用語解説(曾根の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾根
そね

福岡県北東部,北九州市小倉南区東部の地区。周防灘へ注ぐ竹馬川と貫川がつくった小さな三角州にある。水田農業のほか,野菜栽培などが行われ,現在は住宅や工場が進出して都市化が進んでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の曾根の言及

【サンゴ(珊瑚)】より

…現在も各種の装身具に用いられ,3月の誕生石に加えられている。 サンゴが着生する岩礁,広い意味ではサンゴ採取の海域を,水深に関係なく曾根(そね)と呼び,底引網の一種であるサンゴ網を使ってサンゴ原木が採取される。原木は採取時の状態によって,(1)海底に着生し,サンゴ虫が木に付着して成育している〈生木(なまき)〉または〈新木(しんき)〉,(2)木は海底に固着しているが,サンゴ虫はすでに枯死している〈枯木(かれき∥しやれぎ)〉,(3)海底に倒れて,木の外部が腐食をうけている〈落木(おちぎ)〉の三つに分類される。…

※「曾根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曾根の関連情報