コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周防灘 すおうなだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周防灘
すおうなだ

瀬戸内海西部の海域。北は山口県,西は関門海峡,南は九州,東は姫島祝島,長島の線で限られる。東部に深く,西部に浅い。潮流は関門海峡付近以外は穏やか。小型機船底引網,あぐり網,巾着網漁を中心として,フグ,ブリ,カタクチイワシマアジ,カレイなどを漁獲。中・西部沿岸は遠浅でノリやカキを養殖。姫島付近のフグは有名。徳山港を中心として,下松宇部,苅田 (かんだ) の良港がある。徳山港,柳井港は内海航路の寄港地。北岸の山口県側は工業化が進む。関門海峡付近と徳山湾上の島々は瀬戸内海国立公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

周防灘【すおうなだ】

瀬戸内海西部の海域。西端は関門海峡で響灘に,東部は姫島・祝島の線で伊予灘に続く。水深は東部で最大50m,西部はより浅い。潮流がゆるやかで土砂の堆積が厚い。
→関連項目秋穂[町]小郡[町]上関[町]苅田[町]国見[町]山陽[町]椎田[町]周南[市]瀬戸内海築城[町]山国川吉富[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すおうなだ【周防灘】

山口県の南岸と九州の北東岸に囲まれた瀬戸内海最西部の広い水域で,西口の関門海峡によって日本海の響(ひびき)灘に通じ,東は山口県の長島や祝島,大分県の姫島を境に伊予灘に接する。海上交通の要路にあたり,古代には遣唐使船が往来し,中世には海賊衆が活躍,近世に西廻航路にあたっていた。水深はおおむね10~20mで浅く,伊予灘境が40~50mで最深。潮流はゆるやかで1ノット前後,底質はほとんど泥土で,主要河川の河口一帯は遠浅の干潟をなすところが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すおうなだ【周防灘】

瀬戸内海最西部の海域。伊予灘の北西、山口県と九州北東岸に限られ、関門海峡で響ひびき灘に通じる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大分県(山口県)〕周防灘(すおうなだ)


瀬戸内海の最西部を占める海域。東は大分県姫(ひめ)島と山口県室津(むろつ)半島を結ぶ線で伊予(いよ)灘と区分される。伊予灘から関門(かんもん)海峡に至る航路が東西に通じる。北岸には特定重要港湾の徳山下松(とくやまくだまつ)港や重要港湾の三田尻中関(みたじりなかのせき)・宇部(うべ)・小野田(おのだ)の各港があり、重化学工業地帯を形成。沿岸ではワカメ・エビ・ノリ・アサリ・フグなどの養殖が盛ん。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周防灘
すおうなだ

瀬戸内海の最西部の海域で、西は関門海峡、東は大分県姫島と山口県祝(いわい)島を結ぶ線で伊予(いよ)灘と境される。水深は西部では10メートル前後、東部で20~40メートル。底質はおおむね泥土で、椹野(ふしの)川や厚東(ことう)川の河口沖合いに沈水谷があって合流して東へ延びている。潮流は干潮時には西へ、満潮時には東へ流れ、1ノット前後で緩やかであるが、関門海峡で最高8ノットとなり、航行上の難所となる。海域は小型底引網、船引網、採貝の好漁場で、イワシ、エビ、カレイ、イカなどの漁獲が多い。西部の遠浅の沿岸ではノリ養殖が盛ん。北岸の山口県沿岸には臨海工業都市群が発達し、徳山湾一帯の沈水島群の地域は瀬戸内海国立公園の一部をなす。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

周防灘の関連キーワード山口県山陽小野田市西高泊高泊開作浜五挺唐樋名田島新開作南蛮樋山口県山口市名田島小野田〈市〉特定重要港湾新南陽〈市〉山口宇部空港新南陽[市]山口県下松市北九州空港姫島かれい吉富[町]秋穂〈町〉柳井[市]椎田〈町〉山口[市]築上[町]防府[市]徳山〈市〉

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

周防灘の関連情報