コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小仕事量の原理 principle of minimum work

1件 の用語解説(最小仕事量の原理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

最小仕事量の原理【principle of minimum work】

物理系をある一定条件下で一つの熱平衡状態から別の熱平衡状態へと変えるとき,外部から加える仕事は,状態変化が可逆的な場合に最小となる.

熱平衡状態では自由エネルギーが最小となることもこの原理から導かれる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最小仕事量の原理の関連キーワード温度活性化エネルギー最大仕事の原理自由度窒素平衡等物理系列定容平衡式熱平衡の法則熱力学の第零法則反応定容式

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone