コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最小仕事量の原理 principle of minimum work

法則の辞典の解説

最小仕事量の原理【principle of minimum work】

物理系をある一定条件下で一つの熱平衡状態から別の熱平衡状態へと変えるとき,外部から加える仕事は,状態変化が可逆的な場合に最小となる.

熱平衡状態では自由エネルギーが最小となることもこの原理から導かれる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android