コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

状態変化 じょうたいへんか

大辞林 第三版の解説

じょうたいへんか【状態変化】

相転移、特に物質が三態のうちのある状態から別の状態に変化すること。三態変化。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

状態変化
じょうたいへんか

物質が完全に均一な状態にあって他の状態とはっきりした境界をもって存在するとき、その境界内を相といい、それが気体、液体、固体の状態にあるのに対応して気相、液相、固相とよばれる。物質がどのような相として存在するかは温度、圧力、体積など状態変数とよばれる量によって定まり、状態変数の変化によって相状態が変わることを状態変化または相転移という。気相―液相間の状態変化は蒸発、凝縮とよばれ、液相―固相間の変化は融解、凝固、気相―固相間の変化は昇華、凝結とよばれる。[平野賢一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

状態変化の関連キーワードケルヴィン‐ヘルムホルツの循環定理ディビット ロックウッド循環定理(ケルヴィン)ファン・デル・ワールスカラテオドリーの定理ファンデルワールスステートマシン図最小仕事量の原理リウビルの定理baudレート原子エネルギー最大仕事の原理ル・シャトリエ蒸気サイクルタイミング図フェージング蒸気原動所準静的過程モリエ線図ボーレート

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

状態変化の関連情報