コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最手脇 ホテワキ

大辞林 第三版の解説

ほてわき【最手脇】

平安時代、相撲すまいの節会せちえで、最手ほての次位の者。現在の関脇に相当。ほてのわき。助手すけて

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

最手脇の関連キーワード平安時代すまい占手相撲わき