コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相撲の節 スマイノセチ

デジタル大辞泉の解説

すまい‐の‐せち〔すまひ‐〕【相撲の節】

平安時代、毎年7月に宮中で、諸国から召し集められた相撲人(すまいびと)の相撲を天皇が観覧した行事。初めは7日、のち、大の月は28日・29日、小の月は27日・28日となった。2日前にけいこの内取りがあり、当日は召し合わせといって20番(のち17番)の取組があり、翌日、優秀な者を選んで行う抜き出、衛府の舎人(とねり)などによる追い相撲があった。場所は多く紫宸殿(ししんでん)南庭で行われた。すまいのせちえ。すもうのせち。すまい。 秋》

すもう‐の‐せち〔すまふ‐〕【相撲の節】

すまいのせち」に同じ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

すまいのせち【相撲の節】

奈良・平安時代、毎年7月に天皇が相撲を観覧し、そのあとで宴を催す年中行事。26日仁寿殿じじゆうでんで下稽古げいこの内取りがあり、28日紫宸殿ししんでんで召し合わせが行われ、そこで選抜された者が翌29日に「抜き出」という決勝戦を行なった。相撲の節会せちえ。相撲の会

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

相撲の節の関連キーワード相撲の還り饗相撲の節会真髪成村相撲の使平安時代年中行事馬埒殿相撲司布引き

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android