コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最適化基準 さいてきかきじゅん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最適化基準
さいてきかきじゅん

伝統的な企業行動理論やオペレーションズ・リサーチ ORなどで採用される決定基準であり,すべての代替案のうち最適のものの選択を要求する基準。この基準では意思決定者は唯一の目標をもっており,これを評価基準として用いること,比較,評価する代替案はすべて発見できること,および代替案の結果は正確に予測,推定できることが仮定されている。そのためこの基準は例外的にしか適用できず,現実的でないと批判されることが多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

最適化基準の関連キーワードマネジリアル・エコノミクス

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

最適化基準の関連情報