最高最低税率主義(読み)さいこうさいていぜいりつしゅぎ

精選版 日本国語大辞典「最高最低税率主義」の解説

さいこうさいてい‐ぜいりつしゅぎ サイカウ‥【最高最低税率主義】

保護を要する商品に、最高と最低の税率を定め、条約国または最恵国の取扱いを与えた国に対しては最低率、その他の国に対しては最高率を課する主義

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最高最低税率主義」の解説

さいこうさいていぜいりつ‐しゅぎ〔サイカウサイテイゼイリツ‐〕【最高最低税率主義】

ある輸入品目に対して最高と最低の税率を定め、最低税率を条約国や最恵国待遇の国に適用し、最高税率を他の国に適用する主義。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android