コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月の船 ツキノフネ

デジタル大辞泉の解説

つき‐の‐ふね【月の船】

月を、大空を渡る船にたとえていう語。月の御船(みふね)。
「―さし出づるより空の海星の林ははれにけらしも」〈新後拾遺・秋下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

月の船

日本のテレビドラマ。放映はNHK(1996年11月~12月)。全6回。脚本:田向正健。出演:清水美砂、平幹二朗山本陽子ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

つきのふね【月の船】

大空を海に見たて、月を船にたとえていう語。 「 -星の林に漕ぎ隠る見ゆ/万葉集 1068

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

月の船の関連情報