コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海星/人手/海盤車 ヒトデ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐で【海星/人手/海車】

ヒトデ綱の棘皮(きょくひ)動物の総称。ふつう5本の腕をもち、扁平な星形の五角形をし、外面は多数の小骨板からなり、硬いが曲げることができる。腹面に口があり、肛門は背面に開く。腕の下面にある管足で移動し、貝類などを食べる。切れても再生力が強い。すべて海産。
ヒトデ科のヒトデ。浅の砂泥底にすみ、直径約30センチで、黄色のほか、色変わりが多い。アサリ・ハマグリなどを食害。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海星 (ヒトデ)

動物。ヒトデ綱に属する海産動物の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

海星/人手/海盤車の関連キーワード神戸海星女子学院大学世界寺子屋運動海星高等学校ソン ヘソン中村 真一郎長崎(市)土岐 八夫野々村のん土岐八夫マリア会永島正一香月杏奈唐十郎月の船腹面夏子動物管足

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android