月夜の蟹(読み)ツキヨノカニ

  • =蝤蛑(がざみ)
  • つきよ
  • の=蟹(かに)
  • 月夜
  • 月夜(つきよ)の蟹(かに)

精選版 日本国語大辞典の解説

(月夜には、蟹(かに)や貝類は月光を恐れて餌をあさらないので、やせて身(肉)がつかないといわれているところから) やせていて肉の少ない蟹。転じて、身がない、内容がないの意のしゃれ。また、知能程度の低い人のたとえ。つきよがに。
※雑俳・水加減(1817)「案に相違・月夜の蟹な蔵構」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android