月夜の蟹(読み)つきよのかに

精選版 日本国語大辞典「月夜の蟹」の解説

つきよ【月夜】 の=蟹(かに)[=蝤蛑(がざみ)

(月夜には、(かに)や貝類は月光を恐れて餌をあさらないので、やせて)がつかないといわれているところから) やせていて肉の少ない蟹。転じて、身がない、内容がないの意のしゃれ。また、知能程度の低い人のたとえ。つきよがに。
※雑俳・水加減(1817)「案に相違・月夜の蟹な蔵構」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「月夜の蟹」の解説

月夜つきよかに

《月夜には蟹は月光を恐れてえさをあさらないので肉がつかないといわれるところから》やせて身のない蟹。転じて、中身のないことのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

亜種

特定のウイルスに似ていながら、微妙に異なる特徴を持つもの。たとえば、メールを自動配信する特定のウイルス「XXX」が固有の件名や添付ファイル名を使用している場合、これと動作は似ていながら、異なる件名や添...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android