月曜閑談集(読み)げつようかんだんしゅう(英語表記)Causeries du Lundi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

月曜閑談集
げつようかんだんしゅう
Causeries du Lundi

フランスの批評家サント=ブーブの文芸評論集。雑誌『コンスティテューショネル』『モニトゥール』に月曜日ごとに載せた論説を集めたもので,11巻 (決定版は 15巻) ,1851~62年刊。さらに『続月曜閑談』 Nouveaux Lundis (13巻,1863~70) がある。作者みずから「精神の博物誌」というように,文学者の個性研究に,観察,分析,総合の科学的方法を導入したこの批評方法は,今日にいたる文芸批評に多大の影響を与えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android