月海(読み)げっかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月海 げっかい

?-? 江戸時代後期の僧。
土佐高知の浄土真宗金剛院の住職。本草学に関心をもち,めずらしい植物や岩石を収集。天保(てんぽう)(1830-44)のころ高知城下に流行した奇物会の中心ととして活動した。詩を日根野鏡水にまなび,篆刻(てんこく)もたくみだった。字(あざな)は大阿。号は四君堂。法名は別に真澄

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月海の関連情報