コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月海 げっかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月海 げっかい

?-? 江戸時代後期の僧。
土佐高知の浄土真宗金剛院の住職。本草学に関心をもち,めずらしい植物や岩石を収集。天保(てんぽう)(1830-44)のころ高知城下に流行した奇物会の中心ととして活動した。詩を日根野鏡水にまなび,篆刻(てんこく)もたくみだった。字(あざな)は大阿。号は四君堂。法名は別に真澄

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

月海の関連キーワードキング(Ernest Joseph King)アーサー・G. ボトムリーティモフェーイ グジェンコ大月エコロジーキャンプ場青森県東津軽郡今別町袰月東京ディズニーランド水産総合研究センターチャールズ トーマス島崎藤村(年譜)海外経済協力基金カッテンディーケ海陸豊ソビエトフォレスタル嶋田 繁太郎海軍経理学校立石 大河亜海上警備隊愛西[市]佐野竹之介今別(町)

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月海の関連情報