コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月草の ツキクサノ

デジタル大辞泉の解説

つきくさ‐の【月草の】

[枕]ツユクサの花で染めたものは色があせやすいところから、「うつる」「仮(かり)」「消(け)ぬ」にかかる。
「百(もも)に千(ち)に人は言ふとも―うつろふ心我持ためやも」〈・三〇五九〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つきくさの【月草の】

( 枕詞 )
月草で染めた色の落ちやすいことから、「うつろふ」「仮の命」などにかかる。 「 -移ろひやすく思へかも/万葉集 583

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

月草のの関連キーワードヴァーツラフ ハヴェル野村 愛正おぼおぼし印・標・証空を歩むツユクサいり揉む裏返る移し心万葉集新発意荒ぶ月草

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月草のの関連情報