コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月草の ツキクサノ

デジタル大辞泉の解説

つきくさ‐の【月草の】

[枕]ツユクサの花で染めたものは色があせやすいところから、「うつる」「仮(かり)」「消(け)ぬ」にかかる。
「百(もも)に千(ち)に人は言ふとも―うつろふ心我持ためやも」〈・三〇五九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つきくさの【月草の】

( 枕詞 )
月草で染めた色の落ちやすいことから、「うつろふ」「仮の命」などにかかる。 「 -移ろひやすく思へかも/万葉集 583

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

月草のの関連キーワードヴァーツラフ ハヴェル野村 愛正印・標・証おぼおぼしツユクサいり揉む空を歩む裏返る移し心新発意万葉集月草荒ぶ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月草のの関連情報